郵便追跡 お気に入り
ログイン 新規登録 注文追跡 資料変更 ショッピングカートを見る
ホーム |  漢方精力剤 |  女性用媚薬  |  人気精力剤セット  |  勃起促進精力剤 |  滋養強壮精力剤 |  ペニス増大精力剤 |  健康美容 |  漢方薬
   女性用媚薬
  ・ 催淫剤インモラル
  ・ 520強力催情水
  ・ スペインGold Fly催情剤
  ・ タイ極品銀狐迷情粉
  ・ 偉姐催情剤
   勃起促進精力剤
  ・ 蔵秘男宝
  ・ 蔵鞭王(8錠)
  ・ 硬到底
  ・ シアリス20mg×30錠
  ・ ヴィガー(Vigour)300mg
  ・ 毎粒堅虫草精
  ・ 九州神龍
   滋養強壮精力剤
  ・ 香港宝和堂海狗丸
  ・ テスティノル(Testinol)
  ・ 極品腎宝
  ・ 中華牛宝
  ・ V-MAX性欲増進精力剤
  ・ Tiger King
   ペニス増大精力剤
  ・ VigRX Plus
  ・ 男根増長素
  ・ GOODMANペニス増大カプセル
  ・ 巨根カプセル
  ・ VigRX増大丸
   漢方精力剤情報:
  ・ 女性の性欲についてお勉強!
  ・ 女性にエクスタシーを体感させてあげる方法は?
  ・ 女性は50歳で性欲があるのは変ですか?
  ・ 彼氏が勃起しやすくなるツボやポイントは?
  ・ 女性自分の性感帯をチェックしてみましょう
  ・ 女性の性欲について知っていますか?
  ・ 射精を我慢することの3つのメリット
  ・ 性欲をアップして、生活満足度もアップ!
  ・ 射精量をドバドバ増やすための6つの方法!
  ・ 精力回復法
  ・ 巨人倍増 でパワー充填!!
   効果・目的・成分から媚薬・催淫剤を探す
セクシュアリティ刺激 オーガズム延長
女性性欲増強 催淫
性的快感  
>>>More 
   症状・効果・成分から男性用精力剤を探す
擬黒多刺蟻
性能力低下 早漏
精力減退 疲労回復
インポテンツ ED
ペニス増大 勃起持続力
性欲アップ 精力増強
淫羊霍  
>>>More 
   症状・病名・効果・成分から漢方薬を探す
骨碎補
補骨脂 食欲不振
アレルギー性鼻炎 高血圧
何首烏 沙苑子
高麗人参 脳卒中
便秘 風邪
関節リウマチ 更年期障害
生理不順 貧血
耳鳴り 冬虫夏草
>>>More 

  携帯からも買えます!
1.二次元バーコードでアクセス
2.携帯にサイトのURLを送信
*夜宝堂携帯用サイトのURLを送ります。送りたい携帯アドレスを入力して送信してください。PCメールアドレスにも送れます!

  『夜宝堂漢方薬局』 -> 漢方薬
漢方薬--避妊薬-中絶薬
  経口中絶薬RU486(北京紫竹)   経口中絶薬RU486(上海華聯)   金毓亭緊急避妊薬
  康楽宝    立秀早早孕診断盒   毓亭(ユーティン)
  マーベロン(低用量ピル)   弗乃尓(Mifolian)緊急避妊薬   妻之友「膣錠避妊薬」 
漢方薬--癌の特効薬
  参蓍十一味エキス剤   振源カプセル   貞蓍扶正エキス剤
  槐耳エキス剤   消癌平片   平消片
  安康欣カプセル   胃複春片   参蓮カプセル 
  回生口服液    西黄丸   参耆扶正丸
漢方薬--糖尿病特効薬
  蓍蛭降糖片   玉泉丸   参花消渇茶
  津力達エキス剤   糖尿楽カプセル   立効消渇降糖カプセル
  渇楽寧カプセル   愈消散8805 中国製   消渇丸
  参芪降糖カプセル
漢方薬--耳鳴、花粉症、口内炎
  鼻炎康片   補腎固歯丸   西瓜霜喉宝
  新廣片しんこうへん    牛黄上清丸   知柏地黄丸
漢方薬--白内障、疲れ眼
  金花明目丸   石斛夜光丸   明目地黄丸
  杞菊地黄丸
漢方薬--不眠症、精神、頭痛
  正天丸(せいてんがん)   六味地黄丸 同仁堂   牛黄清心丸 同仁堂
  局方至宝丹 同仁堂   安神健脳液 同仁堂   敗醤(錠剤)
  柏子養心丸   同仁安神丸   復方棗仁カプセル 
漢方薬--高血圧、脳卒中、中風
  同仁大活絡丸 同仁堂   偏たん復原丸 同仁堂   消栓再造丸 同仁堂
  牛黄降圧丸 達仁堂   清脳降圧片   人参再造丸
  牛黄降圧丸 同仁堂   蘇合香丸   珍菊降圧片
漢方薬--便秘、痔、胃、腸
  竜薈丸   牛黄解毒片 同仁堂
漢方薬--風邪、気管、肺
  板藍根エキス剤(同仁堂)   感冒清熱沖剤 同仁堂   板藍根エキス剤(三九製薬) 
  板藍根(ばんらんこん) 
漢方薬--関節神経痛
  骨痛霊酊   正清風痛寧片   復方小活絡丸
  腰痛寧カプセル   腰痺通カプセル   頸腰康カプセル
漢方薬--婦人病、更年期障害
  康富来牌血尓内用液   静心助眠内用液   太太美容内用液
  婦科千金片   甘霖洗剤
漢方薬--前立腺、腎炎、不育症
  腎石通エキス剤   三金片   大敗毒カプセル
  前列康   消石片   黄精賛育カプセル
  排石顆粒(無糖型)
漢方薬--肝臓薬
  三奇堂養生健肝茶   片仔廣カプセル   片仔こう
  胆石通カプセル   龍胆潟肝顆粒   護肝片(ごかんへん)
  片仔廣茵胆平肝カプセル   肝復楽片
漢方薬--心臓疾患
  血滞通カプセル   降脂寧顆粒   降脂霊片
  通脈降脂カプセル   冠元顆粒    冠心蘇合丸
漢方薬--生理痛・生理不順
  烏鶏白鳳丸 同仁堂   雲南白薬カプセル
漢方薬--皮膚病
  複方土槿皮酊(フクホウドキンピチンキ)    潤燥止痒カプセル   烏蛇止痒丸
  白癜風丸   復方青黛丸   膚痒エキス剤
  銀屑霊   銀屑銀屑エキス剤   銀屑エキス剤(無糖型)
  薄芝片
漢方薬--家庭常備の漢方薬
  天麻鉤藤顆粒/無糖    太極五子衍宗丸(濃縮丸)   生力カプセル
  益腎霊エキス剤   天壇 清涼油(白色)    臌症丸(腹水丸) 
  前列舒通カプセル   六君子丸    狐臭半月清 
  湿毒清カプセル   聯盛生精片   安絡化繊丸
  風湿寒痛片   西施露噴霧劑    消炎利胆片 
  抗癌平丸 


    漢方薬
が西洋の合成医薬ともっとも異なる点は、その働き方です。合成医薬が「毒をもって毒を制す」というアプローチなのに対し、漢方薬は「体の自然治癒力を回復させる」というアプローチです。副作用が少ないのもこのことに起因します。
     今日、ますます人気が上昇している漢方薬の魅力は、いろいろ考えられます。たとえば、人体になじみやすい天然物を使用していること、副作用の心配がいらないこと、全身の体のゆがみを正すことにポイントをおく治療法であること、等々です。
     しかし、もっと重要なのは、将来はさらに重要になると思われる、疾病構造の大変化が関係していることです。感染症や急性病は現代医学によってほぼ征服されましたが、まだまだ多くの成人病、慢性病、免疫疾患が人類を苦しめています。このような疾患にいちばん持ち味を発揮するのが漢方薬です。総合的な視野から患者を見て、生体が自らを守っていこうとする防衛機構の手助けをする漢方薬が着目されるのは、当然のことといえます。
    中国医学は、一部の専門家だけが作り上げた体系ではなく、4000年の歴史の中で、庶民の間で長い試行錯誤を経て次第に高度化してきた体系です。その中には“絶方妙薬”と言われるほどの漢方薬もあり、その薬はその製薬メーカーしか作れません。その薬の対象病気であれば不思議なほど効きます。だから、根本にある考え方は、誰にでも理解でき、納得しやすいのです。
    その智恵の結晶である中成薬は、家庭常備薬としてふさわしいと言えましょう。



漢方薬の服用(使用)方法:

漢方薬
はなるべく砂鍋でゆでてください。砂鍋或は普通のお椀を使ってください。絶対鉄製の物を使わないでください。砂鍋は漢方薬の中の有効な成分を出させると同時に漢方薬を暖める時、平均的に暖めることができます。


水の量:第一回、漢方薬を暖める時(煮る時)、水の量は漢方薬を全部埋めてからプラス3−5cm程多く入れてください、第二回暖める時(煮る時)、水の量は漢方薬を全部埋めてからプラス3cm多く入れてください。


薬品を煮る時に注意すべき問題:

1.漢方薬を煮る前に必ずしも水の中に長時間置いてください。漢方薬は乾燥品が多く、硬いです。長時間水の中に置くと、軟らかくすることができて、煮る時も効果が良くなります。一般花、葉、茎類の薬品は、水に入れる時間は1−1.5時間。根、たね、根茎、果実類の薬品は、水に入れる時間は2−3時間とお勧めします。

2. 漢方薬煮る回数:一回煮るより、何回煮たほうか効果がいいです。二回煮たら、その中の漢方薬の成分の80%が出てきます。ですから、三、四回煮るよう、お勧めします。(その方が、効果が一番いいです!)

3.漢方薬煮る時、温度に注意:漢方薬を煮る時の温度、漢方薬では“火候”と言います。 “文火”と“武火”があります。“文火”は弱火、水を少しずつ蒸発させることで、“武火”強火で水を急に蒸発させることです。温度を急に上げると、焦げる場合がありますが、ずっと弱火だとしたら漢方薬の成分を良く出すことができません。中国では、普通お湯を沸かす前までは強火を使って、お湯を沸かしたら弱火を使って、じっくりと煮てください。その方が、効果が一番いいです。

4.漢方薬煮る時間:煮る時間は薬物の成分、状況によって違います。一般的なのは第一回は水を沸かした後から20−30分間、第二回は水を沸かした後から30−40分間で結構です。風邪を治療する薬品は:第一回は水を沸かした後から10−15分間、第二回は水を沸かした後から15−20分間で結構です。栄養補給の薬品であれば、第一回は水を沸かした後から30−40分間、第二回は水を沸かした後から40−50分間で結構です。

5.漢方薬飲む回数とその量:薬品(漢方薬)を煮た後(煮た水が薬品となります)。成人は一日二回、一回400−600ml。幼児の場合は一日二から三回お飲みください、一回飲む量は200−300mlです。

6.漢方薬服用方法:二回煮た漢方薬を二回に分けてお飲みください。幼児の場合は2−3回に分けてお飲みください。風邪、発熱、下痢の薬は4時間に一回、毎回30−40mlをお飲みください。病状がだいだい治まれば、毎日2−3回お飲みください。幼児の場合は毎回量は少なくし、飲む回数を多めにしてください。


+ ご利用規約 + 会社概要 + 注文案内 + 相互リンク + お支払い方法 + お問い合わせ + アダルトグッズ関連情報 + FAQ   +
販売者名:夜宝堂大薬店   電話番号:(86)21-5866-7196(代)(中国)
所在地:中国上海市外高橋保税区富特北路216号1F
Copyright ©2006-2014  yahoudou.com